profilephoto

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
                 

週間天気

categories

archives

YOUは何しに欧州へ?ヨーロッパ視察ツアー(前)

フォレストアドベンチャー・ファンの皆様、
コンニチワ!!
 
今年のフジのシーズンも、いよいよあと2週間ちょっと。
紅葉の秋も終わり、いよいよパークの水場が凍り始め
冬の到来を告げています。

 
さて、話は少しさかのぼりますが、10月中旬。
毎年フジのスタッフは数名、他パークのスタッフと一緒に
ヨーロッパに行っています。

何のためかって?
 
遊びじゃないよ!!視察だよ!!
 
ヨーロッパと言えば、フォレストアドベンチャーの
発祥地であるフランス、
世界で最大級?の経営規模を
誇る会社のあるイギリスを始め、

フォレストアドベンチャーと縁の深い場所。

さらにその他のレジャー施設も含め、今後の
日本フォレストアドベンチャーの未来を占う、
実り多き視察ツアーです。

 
今回、当ブログ管理人のワタクシも栄えある()視察団に
同行させていただきましたので、そのレポートを2回に分けて
おもしろおかしくご報告させていただきます!!
 
何度も言いますが・・・・仕事ですよ?
ふふふふ・・・

 
【第1日目】

いよいよ出発の朝。
しかし!何かに呪われているかのごとく()
素晴らしいタイミングで台風が関東直撃・・・。

しか〜し、最後の最後で日ごろの行いの良さか、はたまた悪運か?
前夜のうちに無事通過し、見事な台風一過。
まあ、なぜか私達のスイス行き航空機だけが遅延したのはご愛嬌。


 
乗っちまえばコチラのもの。ひたすら食べては眠るという
家畜並みの12時間フライトで一路スイスへ!!


↑:カツ丼VSパンVS麺。仁義なき主食の争い・・・@機内食
 
スイスは日本と時差が7時間(10月まではサマータイムなんで)
到着は夕暮れ、まずは本日のホテルへ直行。
空港でレンタカーを借り、慣れない右通行に奮闘の末
予約のホテル付近に到着。
すれ違う多くのクルマに鳴らされたクラクションは、
きっと暖かいエール・・・(現実逃避)

 

あれ?ホテルどこ?

事前に調べた場所付近をさがせども・・・
路頭に迷うニッポンジン
6人。
結局、ホテルの受付と、予約の建物が別と判明して発見&一安心
 
さあ!お待ちかねの欧州ディナー一発目!!
おっと、仕事ですよ?あくまでね・・・フフフ。
 
ホテルから少し離れた中心街の小洒落た
オープンテラスのレストラン。

はい、ここで第一関門『ドイツ語のメニューからチョイス』・・・。
むむむ・・・ここで負けてなるものかと、メニュー相手に
勝つ見込みのない不毛な戦いを繰り広げてると・・・
スタッフの兄ちゃんが、
『ハイ、コレ』
なんと、日本語メニューですと?

ありがたいんだか、安っぽいんだか。
ええ、しっかり活用しましたが・・・しかし・・・
 

『市長の剣』・・・だと・・・?

さすが傭兵で名高いお国柄。日本語メニューにも容赦なし。
ホテルへの帰りは美しい夜景に、これまた乾杯。
時差を含む長い1日がようやく終わり、ようやくベッドで
休めました。
(眠れたとはいってない。)

 
【第2日目】

朝は、朝食前にホテル付近をのんびり散歩。
ただの通勤時間帯の町なのに、いちいちブルジョアなスイスに
嫉妬する河口湖町民なワケですよ。

 


↑:カモメですら、どこか『シルブ・プレ』的な気品漂う・・・?

ホテルに朝食はないので、地元スーパーでお買い物。
パンとかジュースとか。スイスの食べ物がおなかに合うか
心配だったので、正露丸は欠かさなかったのはここだけの話。
(結局、特に問題なかったですが・・・苦笑)
 
午前中は、チューリッヒにある自転車(MTB)コース
見学。とにかく右車線通行に慣れず、
『どこで曲がる?』
『あそこじゃないですか?』
『行き過ぎた〜』

・・・以下繰り返し。(ホップステップジャンプのリズムで)

同じ箇所をグルグル。某エ〇ザイルの『チューチュート〇イン』が
頭をかすめたのも、やはりここだけのお話。
 
自転車コース場は、基本無料で自転車は各自持ち込み。
平日なのにかわいらしい子供と、カッコイイ父親が
『ダディ〜まって〜(脳内変換)
(≧▽≦)
『ハハハ、はやく来なさい(脳内変換)( ゜∀゜ )
・・・とかね、ほんといちいち絵になるもんだからぐやじい。
そんな場所に、自転車に乗るでもないアジア人が6人も
ワラワラうろついてるので、違和感MAX!!

 


道路を挟んで反対側はスケートボード場がこれまた無料開放。
こちらはやや年齢があがり、なかなかストリート系なボーイズが
滑っておられました。感想としては・・・
 
『おまえら、学校はどうした?』
 
いや、きっと今日は開校記念日なんですよね?、ね?
 


スケボー熱に冒されたのか、参加メンバーも負けじと、
隣のショッピングモール内で・・・。
 

午後は、アイガー北壁で有名なグリンデルワルドまで移動。
途中の峠道で写真撮影とかランチとか・・・
 




くどいようですが、仕事です。
 
しかし、さすがスイス。
チーズとイモに妥協なし・容赦なし。
うまいんだけどね、うん、うまいよ。でも量がね・・・うップ・・・。
 
グリンデルワルドに無事到着し、今回はすぐにホテル発見。
しかも駅のまん前で、雰囲気もヨーレイホー()ですね。
到着は昼過ぎ、ちょっと疲れも出始めた感じなので、
本日はこれで一休み。
 

・・・とか、そんなワケないよね?
仕事ですから(ドヤ顔)
町の中心部にあるスポーツ施設へ突入!!
果たして、ありましたよ!!フォレストアドベンチャーの
スタッフなら、ぜひ体験したい『室内ハイコース』!!
 
アイススケートリンクの屋根裏空間に設置された空中コース。
これでもかというぐらい『後付け感満載』
さておき、いざトライ。
 



感想は・・・・
『やっぱフォレストアドベンチャーって安全だわ(再確認)
 
これだけの規模なのに、
スタッフ
1名で運営って、なんてヨーレイホー!!
まあ安全面はさておき、内容はスリルも相まってナカナカのもの。
何回かビビッて足がすくんだのは良い思いです(強がり)
普段、フジのコース上でおっかなびっくり進むお客様の気持ちが
よくわかりました。(で、でもフジは安全なんだからねっ!)
 
心地よい冷や汗のあとは、ホテルまで町の散策。



さすがアイガーをはじめ、登山で有名な町なので、
中心部ではアウトドアメーカーのショップがたくさん。
くっ・・・円安でなければぁ・・・。
 
【第3日目】

三日目は始発の電車で、アイガー北壁の内部を貫通し
上部氷河まで運行する登山列車でかんk・・・ではなく視察です。

 

あいにくの天気ですが、個人的にも登山をやっているので、
アイガー北壁の写真は何十枚も撮影。
アイガーかっこいいよアイガー。


アイガー北壁の内部に駅が2箇所あり、出窓があるんですが、
停車時間が10分未満!しかも次の電車という選択肢はないので、
見逃すな!と怒涛のように全員下車・・・からの〜、
乗り遅れるな!
とばかりに怒涛の乗車。
 

そしていよいよ、北壁内部を抜け、地球の歩き方先生いわく、
『氷河の向こうに4000mの峰々が神々しくそびえる』風景・・・。
 

↑:地球の歩き方先生のおっしゃる想像図・・・
 
そして、期待に胸を膨らませて開いた扉の向こうには・・・・



 

吹雪だぜぇ!ヨーレイホー!(涙声)
 
頂上駅の内部には『天気がよければこんな景色ダヨー』的な
施設が充実、これだけでも着た甲斐があった(・・・震え声)
ま、こんな施設があるくらいなんで、そんなにいつも
晴れているワケではなさそうですね・・・グスン。
 

さ・・・切り替えて、一路ジュネーブ方面へ。
なんといっても仕事ですから!!
ジュネーブを通過し、国境を越えた先にある
フランス・アヌシーという場所。
此処こそ、『フォレストアドベンチャー生誕の地』、
アルタス社の事務所があります。

こんな田舎にホントにそんな会社のオフィスがあるの?と、
車を進めると・・・ありましたよ!
 

さっそく、事務所にご挨拶!
わいr・・・ではなくお土産もぬかりなくネ。



ここは事務所ですが、
フジをはじめ日本のフォレストアドベンチャーへ送られてくる
コースの資材などの一部はここで製作されています。立派!!




有意義なミーティングのあとは、スタッフ方々とディナー。
スイスといえばチーズフォンデュやろ?(知ったかぶり)
 

たぶん、過去数年間分の摂取量に匹敵するチーズ
今宵喰らいました・・・うップ。
 
【第4日目】
 
翌日はアルタス社の運営するタロワールという村にある
パークを視察。
パークマネージャーはうわさ以上の赤ヒゲでした。
薬局にもいないし、某海賊漫画にも登場しそうにないですが。
 
ここは、フォレストアドベンチャーのようなコース以外にも
MTB(しかも樹上コース)やレーザータグなど他の遊びも満載!!
アヌシー湖をバックにロケーションも最高ですね。
なんといっても、横にパラグライダー場があり、
夕方からドンドン混雑して、みんな飛び立っていく。
 




 

昼食はパークスタッフにご馳走していただき真昼間というのに
肉肉肉・・・。もうね、歓迎とかいう雰囲気を超越してます。
食うか食われるか。
航空機内でもないのにビーフ・オア・ポーク。


 
しかし、この前後数日は暑く、アヌシー湖では
湖水浴(・・っていうの?) してる人までいました。
ちなみに写真はありません。『お巡りさんコッチです』は無事回避。
 
【第5日目】

フランス滞在最終日は、一昨日訪問したアルタス社事務所で
しばらくミーティングのあと、
昼食ということで、なぜか2時間近く離れた場所まで
ドライブ。途中でホームセンターによってお土産探し。
 


繰り返します。ホームセンターでお土産探し。
さっすがフォレストアドベンチャー!!(意味深)
 
昼食場所は、これまた有名な山・モンブランが遠望できる
素敵な峠のレストラン。
景色もよければ飯も旨い!!やっぱり肉だけどネ!!
なぜかテーブルの調味料に醤油を発見!!
ひさしぶり()の日本の味で、肉にかけてウマー。
近くのお土産屋は牛の毛皮市場のようでした。そんなに売れんの?
 




フランス最後の晩餐は・・・
もう肉飽きた!!ということで
魚介っすよ魚介。
オイスター!!щ(゚дщ
もうね、おどり食い。魚介は踊らないけど心は躍るワケです。
こうして、静かに()フランス最後の夜は更けていきましたとさ。
 
 

 
 
さあ、次回は後編!いよいよイギリスに上陸です。
乞うご期待!!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック