profilephoto

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
                 

週間天気

categories

archives

スポーツの秋!レーザータグの秋!

フォレストアドベンチャー・ファンの皆様、
コンニチワ!!
 
9月の3連休が過ぎても陽気は夏ですが、空気は確実に
秋の気配がするフジです。
 
特に朝晩の気温といったら・・・苦笑。
 
秋〜冬にかけては、季節先取りのフジです!
一足早く初秋を味わいたい方は、是非フジへご来場ください!!
 
さて、そんな一足早い『フジの秋』ですが、
皆様は『秋』といえば何を想像しますか?
食欲の秋?読書の秋?ウンウン、どれもイイですね〜!
 
しかし!やっぱり当ブログをご覧の、コアな
フォレストアドベンチャー・ファンの方なら、
やっぱり『スポーツの秋』ですよね?
 
おっと!早とちりしないでください!!
 
ここで、『・・・だからフォレストアドベンチャーの秋・・・』なんて
ベタなことは言いません・・・。
ま、言いたいのですけどね、ホンとは(苦笑)
 
しかし!本日は、フォレストアドベンチャーより、
さらにスポーツ的なサブコンテンツをご紹介します!!
今春からスタートし、既にご存知の方も多いかと
思いますが、改めてご紹介!!その名も・・・
 
レーザータグ!!
 
一言で言えば、『実弾を使用しないサバイバルゲーム』
これを聞いただけで、もうやりたくなりましたよね?
 では、百聞は一見にしかず!まずはレーザータグの
フォトギャラリーをご覧ください!!
 

↑:場所はフジのドングリ広場奥、
『レーザータグフィールド』


↑:広大なフィールドには無数の障害物・・・
今日もフィールドには銃声が響き渡る?



↑:今日は誰がヤラれるのか?


↑:気分はまさにゴ〇ゴ13・・・
情けは・・・・無用!?



↑:・・・と思いつつ、フィールドは笑顔がいっぱい(笑)。
当然です!とにかく楽しい!!


↑:チーム戦ですので、囮・誘導・援護射撃など、
作戦が重要!!


↑:時にはこんな接近戦も展開される?


↑:もちろんスタッフもレーザータグの大ファン!!
ちょくちょく遊んでます(もちろん勤務時間外!!)
人数が少ないお客様のチームに乱入(助っ人)したりすることも?


しかし・・・一番このレーザータグが強いのは・・・




↑:コイツです。マジで容赦なし。
彼の通った道には無数の屍があるとかないとか。
噂では、助っ人に入ったお客様にも容赦なしとの情報も(笑)。
 
いかがだったでしょうか?
 
おおまかなルールとしては・・・
1:発射可能な弾数は無制限
→つまり、何百発・何千発打ちまくってもOK)
2:被弾数が30発でゲームオーバー
→特攻すると案外早死にします・・・ちなみに経験談。笑
 
3:制限時間は20
 →短いと思うかも知れませんが、全力で逃げ回り追いかけると
すぐにヘトヘト・・・ちなみにけいk(以下略)
※他にもモロモロ、ルール・注意事項がありますが、詳細はパークにて。
 
・・・こんな感じです。
人数は2名様から可能ですが、大人数の方が断然面白い!!
スタッフもチーム戦で何度かプレイしましたが、
非常に楽しかったです。
 
特筆すべきは『スポーツの秋』にうってつけの
『緊迫感』『運動量』、そして『安全性』
 
まずは『緊迫感』ですが、いろいろな障害物から
『狙われている緊張感』と、『狙っている緊張感
日常生活では絶対味わえない、フォレストアドベンチャー同等の
スリルです。この緊張感だけでもプレイの価値アリ!!
 
そのスリルを味わいつつ、最大20分間の追いつ追われつの
『運動量』は、普段からトレーニング()に勤しむスタッフですら、
息を切らすほどです。やはりスポーツの秋なら、これぐらいの
激しさは欲しいものですよね?
 
最後に『安全性』。なんといっても、実弾を使用しないという点で、
非常に安全かつ手軽にトライできます。あるいは家族、あるいはサークル等、
いろいろな方が、プレイできるのが最大の特徴です。
ちなみにフジで使用するこの機種は、
フジが日本初上陸となります!

 
フォレストアドベンチャー・ファンなら、
もはやフォレストアドベンチャーだけでは満足できない方も
多いはず!フジでは、コースご利用者は、
こちらの
レーザータグも同時利用で、通常利用より
お一人様
500円割引で利用できるのも
うれしいポイント!!

 
この秋は、フォレストアドベンチャー&レーザータグの
コラボで、身も心も完全燃焼してください!!
お待ちしております!!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック