profilephoto

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
                 

週間天気

categories

archives

【フジ】コワモテな(?)隣人とのドツキ合い?お付き合い?

フォレストアドベンチャー・ファンの皆様、
コンニチワ!!
 
早くも沖縄は梅雨入りし、関東地方ももうすぐか〜、なんて考えてたら甲府あたりは30℃を超える真夏日に突入!() 梅雨入り前に夏バテ・・・なんてことにならないよう、お気をつけ下さい!
 
まあ、そんな暑い日こそ、ここ標高1100mのフジにおいでやす!首都圏が真夏日でも20℃前後と、半袖がちょうど心地よい河口湖のフジはまさに行楽シーズン真っただ中です!!
 
さて、そんなエゾハルゼミも大合唱の初夏な陽気ですが、暑くなるにつれ、『ヤツら』もチラホラ見かけるようになります。そう、『蜂』ですね。
 
フジのパーク内でも、稀に大きな巣が発見される事もあり、
その場合は、無ぼu・・ではなく、勇敢な有志スタッフにより通称『スズメバチバスターズ』が結成され、かたや殺虫剤、かたや『確実に役に立たないブキ』など、各自がおもいおもいの装備で巣の駆除に立ち向かいます。
 



※良い子は絶対マネしないように!!


 そのほかにも、そもそも大型の巣になる前にパーク内で駆除するため、通称『ハチホイホイ』を作成し、パークの周辺の樹木に設置したりもします。




フジで見かける多くのハチは正確には『キイロスズメバチ』や『(セグロ?)アシナガバチ』。フジでは5月中旬〜10月上旬まで見られます。ちょくちょく、スタッフの常駐するツリーハウスの天井にも巣を作ったりします。




 
こんな感じで、決して多くはないですが、パークには普通にハチが飛んでいます。まあ標高1100mの自然の森の中なので、当然と言えば当然ですね。そんな『ハチ』ですが、皆様のイメージはどんなものでしょう?
 
よくニュースで見かけるハチの特集では、防護服の撮影者に大量に襲ってくるハチの大群・・・というイメージの方が多いかと思います。フジでも、お客様に万が一、危害が及んではイケナイので、巣をパーク内で見つければ、基本的には駆除の対応をとっています。
正直、ワタクシもお近づきになるのはチョット・・・という感じ。

 
しかし、実際にパーク内をうろつくスズメバチ等は、実際はほとんど人に危害を加えません。昆虫学者ではないので断言はできませんが、おそらく目的はエサ探しなので、うろうろしているだけ。スタッフにも“ハチ好き”は居ませんし、できればお近づきになりたくはない存在ですが、もとは彼らの森にフォレストアドベンチャーが居候させてもらっているのです。
 
パークにご来場頂いているお客様のほとんどは、ハチが近づけば怖がしますし、実際はハチではない無害な羽虫もハチと誤解することが多々あります。別にそれ自体は、普段都会に暮らす皆様にとっては仕方のない事ですが、実際にはほとんど無害なのに、あまりに邪見にされる彼らを見るとたまに不憫に思ってしまいます(苦笑)
 
せっせと巣を作っている姿は、苦手な方にはきっと耐えられないシーンなのでしょうが、よくよく見れば『よく働くなぁ』と感心するときもしばしば。皆様に『ムシを好きになってください』とか言わないし、お客様に危害の出る可能性があれば、駆除しちゃいますが、それでもこの森の大先輩であり、コワモテ()な隣人に親近感を感じる・・・と言ったら、褒めてくれるのはナウ◯カだけでしょうか。




 
最高の冒険ができる空間であると同時に、無数の命が動き回るフジ、次回ご来場の際は、是非コースの合間に足を止めて、彼らを探してみてください。本物の自然の中だからこそ、ただのレジャー施設以上の発見ができるハズ()
いつになくボケの少ない記事でした()が、初夏の陽気の中、皆様のご来場をお待ち致しております!!

| 1/16PAGES | >>